DD方式は透明性が低い注文処理方法

| コメント(0) | トラックバック(0)
日本のFX口座のほとんどがDD方式を採用しているからスプレッドが安いのです。
我々の取引の負け分から粗利がでる仕組みなので、国内FXは手数料を上乗せする必要がないからスプレッドを安くできるのです。
今回はテーマは、表向きの安さには裏がある、安物買いの銭失い、です。
国内FXが採用しているDD方法と海外FXが採用しているNDD方法の違いについて話しましょう。
DD方式とNDD方式は、いずれもお客の注文を処理する方法のことです。
結論から言うと、インターバンクと直接取引ができるNDD方式の透明性が高く、DD方式の透明性は低いです、だから、NDD方式を採用する海外FXの方が信用できるのです。
DD方式ではディーラーが介在し、相対取引といわれる方式です。お客とFX会社が11で取引を行うものです。
お客の注文をFX会社が一旦決済する形を取るので、お客とFX会社の利益が相反する関係となります。
お客が損失を出せばFX会社が儲かり、逆に、お客が利益をあげればFX会社は損をするのです。
つまり、DD方式は「競馬のノミ行為」と同じものです。
あなたが友人に馬券を買ってくるようお願いします。購入代金とお駄賃を渡しても、友人は馬券がはずれる可能性があるので、馬券を購入せず、受け取った購入代金とお駄賃と自分のポケットに入れることが出来るのです。
競馬のノミ行為で購入したふりをしてお金を取ってしまうのと同じことが出来るのがDD方式なのです。
当然ながら、国内FX会社はお客に損失を望み、場合によってはお客に損がでるように操作さえできるのです。
表向きのスプレッドは安いけど搾取されかねないのがDD方式なのです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yoshika330.net/mt-tb.cgi/3

コメントする

最近の記事

NDD方式は利益相反が一切起こらないもの
FXで一攫千金を目指すブログブログ上
DD方式は透明性が低い注文処理方法
FXで一攫千金を目指すブログブログ上
適材適所のオリジナル口座作り
FXで一攫千金を目指すブログブログ上